• クリニックについて
  • 診療案内
  • 診療の流れ
  • フロアー&設備紹介
  • 料金案内
  • Q&A
 

インプラント、マウスピース矯正に関するよくある質問

Q&A

Q1矯正歯科治療の期間は、どれくらい必要ですか?

a1矯正の種類により異なります。
部分矯正 3ヶ月〜1年程度
本格的な矯正治療に関しては、約2年〜2年半の治療期間を要します。以下が治療の流れと期間になります。
矯正治療は大きく分けて、5つのステージがあります。
ステージ1) 精密検査・カウンセリング
精密検査を基に治療期間や費用の説明を行います。専属カウンセラーが十分なカウンセリングを行います。
ステージ2) 矯正前治療(必要な方のみ)
歯や歯周病の治療を行います。また、歯科衛生士による、正しいブラッシング法などを指導させていただきます。
ステージ3) 治療開始・矯正装置装着
歯に矯正装置を貼り一つ一つの歯を動かし歯列と上下の咬み合わせを治療。(月に1回程度通院)
ステージ4) 保定・リテーナー装着
あと戻りを防ぐ為、簡単な装置で歯をその場に留めておきます。(年に2〜3回程度通院)
ステージ5) 見守る段階・定期検診
経過観察していく期間。虫歯や歯周病予防を含めて、3〜6ヶ月に一度、定期的に検診を受けることが良いでしょう。
治療の流れや期間については、ひとりひとりの患者さまの治療方針、お口の状態により千差万別です。
予想治療期間については、担当医師から必ず事前説明がございますので、ご不明な点はお気軽にご相談ください。

ページトップへ

Q2矯正治療に長い時間がかかるのはなぜですか?

a2歯に、継続的に一定方向の力を加えることによって、骨の中を少しずつ正しい位置へ移動させていきます。
かたい骨の中を動かしていくのですから、時間がかかります。

ページトップへ

Q3なぜ歯並びが悪くなるのですか?

a3遺伝的要素もありますが、指しゃぶりなどの癖が原因で後天的に歯ならびを悪くする場合もあります。

ページトップへ

Q4何才頃から矯正歯科治療をしたら良いのでしょうか?

a4治療を開始するのに適した時期は症状によって異なり、早ければ早いほど良いという訳ではありません。
まず、なぜ矯正治療を受けた方がよいのかを本人が理解する必要がありますから、6才頃からが治療可能な年齢といえます。
この頃は乳歯から永久歯に生え変わる時期で、顎の成長が旺盛なため、矯正治療において非常に大切な骨格的なバランスを治療できる可能性がある時期です。
症状によっては、この混合歯列期に治療を開始するメリットのある場合もありますから、小さなお子さんの場合は、永久歯に生え変わる頃に一度ご相談ください。

ページトップへ

Q5乳歯でも矯正歯科治療が必要ですか?

a5受け口や下のあごが左右に曲がっている場合など、あごの骨のバランスが悪い場合、乳歯列でも矯正治療することがあります。
また指しゃぶりなどの悪い癖によって起こる不正咬合の場合にも、できるだけ早く原因を取り除くために、治療する事があります。

ページトップへ

Q6大人でも矯正治療はできますか?

a6可能です。
矯正治療には年齢的な制限はありません。
当院では、目立たない装置や見えない装置で大人の方でも見た目を気にせず治療を受けられます。まずはご相談下さい。

ページトップへ

Q7高齢でも矯正歯科治療は可能でしょうか?

a7高齢の方も、虫歯や歯周病が治療されて健康なお口の中であるなら、矯正治療は可能です。
高齢になると骨が硬く、歯の移動が遅くなります。
また、あごの成長発育を利用できませんから、矯正治療のみでは限界となることもあります。
その場合、あごの骨の手術が必要なケースがあります。

ページトップへ

Q8矯正は歯を抜かなくてはいけないのですか?

a8歯の大きさや数に比べてあごが小さく、歯の並ぶスペースが狭い場合は、歯を抜いて作ったスペースに歯を移動させて歯並びを整えることもありますが、もちろん、抜歯せずに矯正する場合もありますので、まずはご相談下さい。

ページトップへ

Q9矯正治療中の痛みが心配ですが・・・

a9装置を入れた時の痛みや不快症状には個人差がありますが矯正治療で装置をお口の中に入れてから歯が動く準備を始めます。
それに伴い、歯が浮くような違和感や、咬むと痛いといった症状が現れることがあります。
しかし、通常3〜5日程度でおさまります。
ただ、軟かいものを食べたり、歯ぐきを指で軽くマッサ−ジすることで、楽になります。
痛みの程度は、小学生低学年の子供でも我慢できる程度で、次回の治療までの間ずっと続くことはありません。
どうしても辛い時には、鎮痛剤を服用しても構いません。
装置を装着した最初が一番辛く、次回から治療のたびに毎回このような状態になるわけではありません。
また、治療が進むにつれこの感覚も和らいできますので、ご安心下さい。

ページトップへ

Q10治療中の食事は普段と変わりありませんか?

a10装着後、痛みが出ることもありますが、食事は今まで通りにできます。
ただし、装置を壊す恐れのある堅い物や粘着性のあるもの(ガムやキャラメルなど)は、避けてください。

ページトップへ

Q11矯正装置をつけて普通に話せますか?

a11最初は少し話しづらくなりますが、慣れてくれば普通に話せるようになります。

ページトップへ

Q12矯正治療中は普通に生活できますか?

a12虫歯や歯周病にならないようお口のケアに気を配っていただくことと、矯正装置に影響のある食事(キャラメル、ガム、お餅)や、スポーツ(口を打つ可能性の高いもの)に注意していただくことです。
お口のケア方法や、お口を守るマウスガードについてなど、詳しく説明いたします。

ページトップへ

Q13妊娠中に矯正治療は出来ますか?

a13矯正治療と妊娠が重ならないことが一番ですが、妊娠した場合でも、歯肉炎にならないよう、歯磨きを今まで以上に丁寧に行えば、特に問題ありません。
妊娠が分かった時点ではなく、ご自分で妊娠された可能性があると思われる場合には、なるべく早く担当医にお伝えください。

ページトップへ

Q14矯正歯科で保険は使えますか?

a14一般的には矯正治療は自費診療であり保険が使えません。
しかし外科手術が併用であったり特定の症候群を有する場合には適応になる事があります。

ページトップへ

Q15セラミックの差し歯やブリッジなどがある場合でも、矯正治療はできますか?

a15いずれの場合にも矯正治療には、特に問題ありません。
セラミックなどの差し歯の場合、矯正治療を行なう前の歯並びに合わせて作ってありますので、矯正治療後には、矯正治療後の歯並びにあわせて作り直すことになる可能性があります。
ブリッジの場合には、すでに失われた歯の両隣の歯を支えに橋渡しをしていますが、矯正治療では、歯を動かすためのスペースが必要で歯を抜かなくてはいけない場合もありますので、橋渡しの部分を切断しスペースを作って、治療していく場合があります。
また、橋渡しの部分を切断した場合には、矯正治療後にブリッジあるいは、被せ物の作り直しが必要になってきます。
矯正治療上、歯を抜いて治療する場合に本来抜く歯が健康で、隣の歯が神経が無い場合には、健康な歯を残し、神経のない歯を抜く場合もあります。

ページトップへ

Q16治療後、元に戻ったりしないのですか?

a16矯正治療が終わった後、多くの場合歯は少し後もどりしようとします。
後もどりは、全く元の状態に戻ることではなく、僅かに空隙ができたり、咬み合わせが深くなったりといった程度です。
これは患者さんの習癖(咬み癖、寝癖、頬杖など)や、親知らずなどが関係します。
そこで矯正治療が終わった後、きれいな咬み合わせを維持し後もどりを防ぐために、保定装置を使用し、3〜4ヶ月に1回定期的にチェックすると同時に、これらの生活習慣の指導を行いますのでご安心下さい。

ページトップへ

Q17インプラント矯正とは、何ですか?

a17矯正歯科用のインプラントを顎の骨に埋め込み、固定源として使用する事により、今までの矯正治療では難しかった歯の動きを可能とし治療期間の短縮や外科手術(顎を切る等)が必要な患者様の治療も可能にしたり、非抜歯矯正の可能性の拡大、患者様の治療協力の軽減等が行える治療法です。

ページトップへ

Q18マウスピース矯正ってなんですか?

a18マウスピースとは、お口の中に付ける装置の総称です。その全てが歯に装着するものとなります。
マウスピースには色々なものがあり、目的によって使い分けます。
また、作製方法や装着時間、厚みなど、様々な点に関してそれぞれ異なりますので、ご相談下さい。

ページトップへ

お問い合わせ

全ての悩みにお応えしたい!それが私達の使命です。お気軽にご相談ください。

0877-45-3710 診療時間 9:00〜19:00(平日12:00から)月・木・日(隔週)・祝休診